出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例 について

出産祝いのお礼状マナー,「のし」の表書きの書き方,お礼状の書き方・構成と例文・文例,品物の選び方,出産報告のマナー,内祝いを贈るタイミングと注意点,出産内祝いの相場金額,出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例,最新情報を紹介しています。


最新記事

出産祝いのお礼状マナー

出産祝いのお礼状の書き方とマナーについてご紹介する。

出産祝いを頂いた場合には、お礼状をすぐに書いて出すようにしましょう。

タイミングとしては、お祝いをいただいたら出来るだけ早いうちに出すべきで、出来るだけ3~4日以内くらいに出すのが望ましいでしょう。

お礼状は、出産祝いを贈ってもらった人に対して「無事に届きました」という確認の意味もあるので、内祝いなどのお返しをするかどうかに関わらずお礼状は出した方がいい。

出産祝いを贈った相手の気持ちになって考えると、お祝いをあげたのに連絡が来ないと心配になるだろうし、逆に品物を贈った人から返事がすぐ来ると嬉しく思うはずである。

電話で直接お礼をいってもかまわないが、電話はあくまでも略式の手段となっている。

お礼状を出す場合には葉書でも問題ないが封書の方がより丁寧である。



「のし」の表書きの書き方

<のし紙の表書き>

出産という出来事は何度も繰返したい祝い事(出来事)である。

このように何回も繰り返しても喜ばしいお祝いの場合には、結び方としては「蝶結び」を使うのが一般的である。

また、表書きの書き方としては、のし紙に「内祝」、その下に赤ちゃんの名前とフリガナを記すというのが一般的なマナーとなっている。

名前の所に生まれた子供の名前を書くのは、お披露目の意味があるとされている。

ただし、地方によっては両親の名前を書いて、のし紙の右上に赤ちゃんの名前を記した短冊をつけるところもあるようである。

表書きの書き方マナーは地方による違いがあるので、どうしても気になるという場合には身近な人に相談した方がいいでしょう。


オリジナル 出産内祝い 楽天 名入れ 名前入り のし紙 出産内祝い 商品券 カタログギフト メッセージカード

インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例をMy Yahoo!で購読する
出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例をGoogle readerで購読する
出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例をlivedoor Readerで購読する
出産内祝いギフト(お返し)のマナー・お礼状の文例をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo