') ?> 出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集

出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集 について

郵送する場合のマナー,メッセージ(言葉)例文・郵送した場合,出産祝いが遅れた時の例文・使わない方がいい言葉,直接訪問する場合のマナー,出産祝いを贈るタイミング,出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集,最新情報を紹介しています。


最新記事

郵送する場合のマナー

<出産祝いを贈る時期が遅くなってしまった場合のマナー>

出産祝いを贈る場合には時期をはずさないようにタイミングが大事で、だいたい生後一ヶ月くらいまでに贈るのがマナーであるが、出産の知らせを後になって聞くこともある。

もし、出産祝いを贈るタイミングを逃してしまったという場合であっても2~3ヶ月くらいであればマナーとして問題ないと思う。

それ以上遅れるようであれば、遅れたことをお詫びする旨のメッセージをカードや手紙を書いて出産祝いに添えるといいでしょう。

また、季節の行事のタイミングに合うようであればその時に直接持っていくという選択肢もあるでしょう。

出産祝いに限ったことではないが、お祝いというのは祝う気持ちを贈ることなので、お詫びのメッセージを添えて心をこめて贈れば失礼にはあたらず、マナーとしても問題ない。



メッセージ(言葉)例文・郵送した場合

<メッセージ(言葉) 例文1>

赤ちゃんの誕生、本当におめでとうございます。

きっと可愛いお子様でしょう。

子育ても何かと大変な事が多いと思いますが、お互いに頑張りましょう。

落ち着いたらゆっくりお話でもしましょう。

産後は身体もきついと思いますので、あまり無理をしないようにしてゆっくり身体を休めてください。


<メッセージ(言葉) 例文2>

赤ちゃんのご出産おめでとうございます。

これから子育てが大変だったり不安だったりすることもあるかもしれませんが、旦那様とお2人で協力しながら元気なお子さんを育てていって下さい。

どんな苦労でも、お2人ならきっと乗り越えられると思います。


<出産祝いを郵送した場合の例文>

お子様の誕生、本当におめでとうございます。

母子ともに健全だという事で安心しました。

近々、お伺いさせて頂こうと思っていますので、そのときにお子様の顔を拝見させて下さい。

別便ですがお祝い品を郵送しましたのでお受け取り下さい。


インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集をMy Yahoo!で購読する
出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集をGoogle readerで購読する
出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集をlivedoor Readerで購読する
出産祝いのマナー・メッセージ(言葉)の書き方と文例集をはてなRSSで購読する

パーツ

  • seo